会社を退職する時に法的な権利として要求できるもの

http://www.aerospaceengineeringnow.com/

会社を辞める時、法的な権利として要求できるものは、次のようなものだ。

1 退職日までの賃金と給与明細
これはもらうのが当たり前、と思うかもしれないが、最後の給料日と退職日がずれている場合もある。
その時退職日に日数分の給料をもらえればいいが、「後で支払う」などといわれると、それを後日受け取りに行きづらくなることも。
でも、これは当然の権利なのだ。
2 退職金と明細
退職金を支払うかどうかは、完全にその企業の自由となっているので、自分の会社に退職金制度があるかどうかを確かめておくことが大事。
もしきちんとした決まりがなくても、習慣や口約束で支払われていたような場合は、支給の条件となる。